LOVEFISHプロジェクト チームぐるぐる

LOVEFISHプロジェクトとは?チームぐるぐる推進運動始動!プロジェクトに賛同しよう!チームぐるぐる入会案内チームぐるぐる参加者一覧

「チームぐるぐる」推進運動 始動!

 みなさん、ご存知の通り、もともと日本は「島国」です。 水産物や農産物が豊富に採れ、その自然の恵みを美味しくいただくための調理方法や保存方法を日本人は多く生み出し、その結果、それは日本食文化として私たちの国の大切な産業となっています。もちろん、私たちが住むこの東三河にも日本国内にもまだまだすごく魅力的な食材や食文化がたくさんあります。それを『地域のたから』と言います。 それなのに、高度経済成長期から始まった欧米化した食習慣のために、農水産業を中心としてそれらに関わる「地域のたから」は価値を発揮されないまま埋もれてしまっています。もっとひどいと食べてももらえずに捨てられてしまっているのです。なんともったいない。

 そして、日本の食料自給率はなんと40%で先進国最下位(力ロリーベース)。逆に言えば、日本人の食べ物代金の 60%分が海外に支払われているのが現実です。とれを自分の家に例えると、まだ食べる物があるのにそれを食べずに新しい食べ物をどんどん買いますか?捨てますか?毎日の食費が海外に支払われていたら、日本にお金が残る訳もなく、どんどん貧乏な国になってしまうのではないでしょうか。(工業製品が海外にどんどん売れている時代は、その輸出の代わりに食料を買う約束があったようです。でも、日本は経済危機に立たされているのですから、まずは国内にお金を残す努力が優先ではないでしようか?)
 では、どうすればいいのでしょう?答えは簡単です。 まずは「消費者(我々日本国民)が国産・地元産を食べる努力をする」だけで、海外に支払われていた60%分の食材費が国内経済に貢献することとなります。これなら一人ひとりが日常的に日本経済に貢献できそうですね。
まだまだすっごく魅力的な『地属のたから』(食材や食文化)が地元にも国内にもたくさんあるはずだから 、みんなでそれを大切にしよう!優先的に買いましょう!食べましょう!協力し合いましょう!
そんな想いで、「チームぐるぐる」を立ち上げます。 この「チームぐるぐる」は誰でも参加できます。一緒にチームぐるぐるを普及しましょう!
たったのこれだけで 『日本の経済(もしくは食文化そのものの見直し)』は大きく変わると確信しています!

我々日本人が美味しい寿司を楽しむためには日本の近海漁業が無くては成り立ちません。
しかし、全国に17万いる近海漁業者は、近年後継者問題などで年1万人が減っていっていると聞きました。あと17年で日本の近海漁業関係者がいなくなってしまう計算になります。
グルメ回転寿司を天職として生きる我々は、近海漁業の再生は重要な課題と受け止めています。
そこで、地域に根付いた郷土料理には全国各地ならではの魚介が豊富にあるのが島国「日本」です。
地元の旬の魚を知り尽くしている釣り人が地元の魚を飲食店に持ち込み、地元のおいしい魚をまだ食していない地元民にその魚を知ってもらい、次にスーパーに魚を買いに行ったときに「あっ、あの時食べた美味しい魚だ」と手に取ってもらうことができるようになるはずです。
スーパーに並ぶ輸入魚介ではなく地元の魚介を食べる人が増えることで、近海漁業者の収入改善にもつながり後継者問題解決にもつながります。